blog

話題の幹細胞コスメの実力は?そもそもそれってなに??

幹細胞ってよく聞くけれど

幹細胞というワードをニュースなどでもよく聞くのではないでしょうか。簡単に言えば幹細胞は主に医療で使われるもの。幹細胞の種類は一つではなく、いろいろな種類があり、研究段階のものや、臨床に応用されつつあるものなどさまざまな段階です。再生医療という分野で期待されているこれからの注目ワードです。病気の治療だけではなく、美容でもその効果が期待され、患者さん自らの幹細胞を培養し、それを使ったアンチエイジングの治療にも使われています。

植物幹細胞コスメ

幹細胞コスメは医療ではなく、化粧品に幹細胞を応用したものです。
幹細胞コスメと呼ばれるもののなかには、植物由来のものがあります。
リンゴ幹細胞などはよく耳にするのではないでしょうか。植物系幹細胞のコスメの多くには、「ウトビラー・スパトラウバー」という種類のリンゴや「アルガンツリー」という樹木、朝鮮人参に似た「山人参」、そしてフランスで採れる「クリステマリン」と呼ばれる薬草などから抽出した幹細胞エキスが配合されています。
植物には、環境さえ整っていればそこで永久に生きられる再生能力と呼ばれるものが備わっていて、これがヒトのお肌をイキイキとさせ、スキンケアなどに役立つ仕組みといわれています。また、動物性の幹細胞に比べると採取しやすく、値段が手頃なので、お財布に優しく続けられるところも魅力のひとつです。昨今の幹細胞コスメといわれるものには、この植物由来の幹細胞が多くつかわれています。

動物由来幹細胞コスメ

動物由来の幹細胞は主にプラセンタから抽出しています。動物系由来幹細胞は幼羊の毛根、または羊の胎盤(プラセンタ)、このほかブタや馬などがあります。動物由来幹細胞コスメを使う場合、原材料として使われている動物が、どんな環境で育ったかが重要になってくるともいわれています。
動物由来幹細胞化粧品のその効果等についてはバラついた評価がみられます。

ヒト由来幹細胞コスメ

ヒト由来の幹細胞コスメは人の脂肪などの幹細胞を培養し、分泌された成分を配合しています。これは幹細胞培養液などと呼ばれます。幹細胞自体が入っているわけではありません。ヒト由来の幹細胞コスメは人の肌環境を整えるタンパク質、いわゆる成長因子が含まれています。これは特筆すべき性質です。副作用や安全性においても、もともとヒトの中に存在しているものなので問題ないとされています。ヒト由来の幹細胞培養液に含まれる成長因子やサイトカインなどの情報伝達物質が細胞の活性を促し、その効果を発揮するといわれています。成長因子とは、特定の細胞の増殖や分化を促す、体内にあるタンパク質の総称です。これらは美肌や発毛、育毛促進等の効果も期待されています。幹細胞コスメと呼ばれている製品などに多く活用されています。

Dr.リボーンの幹細胞培養液コスメ

Dr.リボーンでは、国産のヒト脂肪由来の幹細胞培養液を配合したヘアローションやまつ毛美容液をご提供しています。年齢に負けない地肌を育てる為には、早めにケアを始めることが重要です。Dr.リボーンは予防美容をテーマに、製品開発をしています。

Dr.リボーンの幹細胞培養液配合まつ毛美容液 詳しくは↓↓↓↓↓

パーフェクトアイラッシュエッセンス 7,800円(税別)  

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る