blog

成長因子って何?美容に良さそうなキーワードだからこそ知りたいそのはたらき

成長因子って何のこと?

成長因子っていったい何のことなのでしょうか。成長因子は、グロスファクターなどとも呼ばれています。ヒトの体内には多種多数の成長因子が存在しています。そもそもヒトの細胞や筋肉などのあらゆるものはヒト成長ホルモンによって成長しますが、老化とともにこれは減少していきます。このヒト成長ホルモンを活性化するのが成長因子です。身体の細胞の種類によって成長因子のはたらきは異なります。肌を若々しく保つ成長因子などがたいへん注目されています。

幹細胞培養液の成長因子

幹細胞培養液は、幹細胞を培養したときにできる液体で、多くの種類の成長因子が豊富に含まれています。幹細胞培養液には幹細胞自体は入っていませんが、成長因子の効果が期待され、化粧品などに多く応用されています。

成長因子と細胞活性について

細胞の表面には、『レセプター』と呼ばれる特定の形の”カギ穴”のようなものがあります。そのカギ穴にぴったり合う”カギ”となるものが『リガンド』と呼ばれる受容体です。イメージでいうと、このレセプターとリガンドがぴったり合わさった時に細胞活性のスイッチが入ります。
Dr.リボーンのヘアローションにも採用されている幹細胞培養液には成長因子が含まれています。これを頭皮に塗布したイメージで考えてみてください。毛髪の成長過程で重要なはたらきをする『毛乳頭』と『毛母細胞』付近です。
成長因子が細胞の受容体である『リガンド』に作用します。すると細胞のカギ穴の『レセプター』にピタリと合ってそれぞれが結びつきます。すると、はじめて細胞の活性が始まります。幹細胞培養液に含まれている成長因子は細胞活性のカギとなる情報伝達物質となるのです。そして発毛に必要な細胞を刺激し、細胞分裂を促進するといわれています。
細胞活性のイメージが伝わりましたでしょうか。

Dr.リボーンの幹細胞培養液ローション

Dr.リボーンの『P-GF』は幹細胞培養液をフリーズドライしています。頭皮のケアを一時的な対処ではなく、根本的な解決へのアプローチを目指しています。

幹細胞培養液配合ヘアローション 詳しくはこちらから

#Drリボーン #幹細胞培養液配合ヘアローション #発毛促進 #育毛促進 #エイジング #幹細胞培養液

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る